腰痛でセックス出来ない

腰痛にはどんな病名があるの?

病院に診察にくる患者の85%が、病名のつかない「腰痛症」と診断される腰痛ですが、「もう、立てない!」などの痛みが大きい腰痛は、病名がついていますので紹介いたします。

 

ぎっくり腰(急性腰痛症)


重病とまでは言われませんが、なってしまった時の何も出来なくなる生活は、もう二度と経験したくないでしょう。

 

 

靴を履こうとしたとき
荷物を取ろうとしたとき
顔を洗おうとしたとき
突然、腰に激しい痛みが起こります。

 

 

この魔女の一撃とも言われるギックリ腰ですが、注意力が低下している時に、起こしやすくくしゃみをしただけでギックリ腰を起こしてしまう人もいるのです、

 

 

ギックリの腰の原因としては、腰の筋肉の肉離れや靭帯損傷椎間板や腰椎の小さな損傷が生じている事もあります。このギックリ腰を起こした場合、範囲が腰だけであれば安静にしていれば自然に治ります。

 

 

ただし、痛みが完全に取れる前に無理に動くと再発し、慢性腰痛となります。

 

 

怖いのは、この急性腰痛が腰が原因では無い場合です。つまり、内臓の病気です。内臓疾患や尿管結石、急性膵炎(きゅうせいすいえん)などの重い病気の可能性も出てきます。
・いつもでも痛みが取れない。
・熱がある
・冷汗が止まらない
などの症状が出た場合は必ず病院で診察を受けてください。

 

椎間板ヘルニア


腰の痛みと足のしびれを感じたら危ないですね。椎間板ヘルニアの可能性があります。若い人にも多く見られる病です。

 

 

この椎間板ヘルニアの「ヘルニア」は「はみ出す」とう言う意味で本来は、内部にあるものがはみ出す事により痛みを発生させています。

 

 

どのように、痛みを発生させるかと言うと背骨は24個の骨から構成されております。それらの骨と骨の間にあるのが椎間板です。椎間板は、前後・左右あらゆる方向に動きます。

 

 

どのような力がかかっても骨同士が離れないように接着しています。また、水分を多量に含み体重を受け止めるクッションの役割があります。

 

 

この椎間板から「髄核(ずいかく)」と呼ばれるゼリー状の部分が外にはみ出します(写真赤の部分)。このはみ出した、ゼリーが神経根を圧迫します。神経根が圧迫されると、「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」が現れ胸部から足にかけての痛みが生じます。

 

 

完治させるには、数年前までは、手術で治す病気とされていましたが「髄核(ずいかく)」が自然に吸収される事がわかっており手術を施さず経過を見る患者さんが多くなってきてます。

 

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

高齢者に見られるこの病気ですが、症状は椎間板ヘルニアに似てます。腰やお尻、足にかけて痛みやしびれが出ます。そのためは、医師も診断を間違えることもあるようです。(狭窄症で苦しんだ”みのもんた”さんは、2人の医師にヘルニアと診断され3人目の医師で狭窄症と診断されています。)

 

 

 

この症状は歩いている最中に出たりします。少し休むと痛みが取れまた歩けるようになります。
「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」と言われる症状です。少し休んでまた動く、車の間欠ワイパーみたいな感じです。

 

 

背骨の24個には、脊髄神経が通る孔があります。この孔が、狭くなり神経を圧迫しこの症状を出します。手術で骨を削り孔を大きくし神経圧迫の逃げ道をつくります。

 

骨粗鬆症

骨に含まれるカルシウムが減少して骨が弱くなり骨折しやすくなる病気です。怖いですね、腰の骨がグシャッと押しつぶされ激痛が走る事もあります。

 

 

この病気は、腰だけではなく全身に発生する可能性があります。発生する確立は女性の方が多いようです。
日本では、65歳以上の3分の1が骨粗鬆症と推計されており、8割近くが女性とされています。

 

 

理由として、生活の中で女性は男性よりカルシウムを摂取する事が少ないからです。女性には、ごはんを食べながら牛乳を飲む方は、いないでしょう。でも、男性には沢山います。生活習慣の違いもあるかもしれませんが、骨粗鬆症にならないようにするためには、
@食事の時のカルシウム摂取を増やす。
A体を適度に動かして骨を鍛える。

 

年齢を老ことに摂取する栄養素・適度な運動は意識して生活するようにしたいですね。