腰痛でセックス出来ない

腰痛で病院に行ったらどんな治療をするのか

このページでは、病院(整形外科)での腰痛治療について解説いたします。あくまでも一般的な治療なので、腰痛を専門とする医師が在籍する病院は自らが考案した治療法をお持ちです。

 

冷やしたり、温めたり


腰痛は、冷して痛みを緩和する事もあります。患部に起きている炎症を抑える効果があります。炎症が強くて、冷やした方が良いと判断したときはアイシングを行います。

 

 

炎症が治まった後は、患部を温めます。温めることによる、筋肉の緊張を取り除いてあげるのです。

 

 

温熱医療です。
保温剤を使用したり、赤外線レーザーを使用したりする病院もあります。整骨院なんかは、治療の前に必ず電気をかけて体をほぐします。

 

 

筋肉の緊張が取れ、血行が良くなったら体を冷さずに帰宅しましょう。効果持続です。冬なんかはとくに気を付けて下さい。
※化膿性の変病やがんの脊椎移転は温熱効果で悪化する恐れがあるので温めないようにします。

 

コルセットの装具療法

コルセットを着けるととても楽になります。しかも、腰痛には幅広く使える装具です。腰痛の原因の1つでもある筋力低下を補う事が出来ます。
腹筋、背筋が弱くなると腰椎にかかる負担が強くなります。

 

 

もともと、S字の形をした背骨が更に曲がってしまいます。これに、肥満は不良な姿勢が加わればもっとです。

 

 

そこで、低下した腰回りの筋肉を強化するのがコルセットです。コルセットは腰回りを適度に圧縮させ腰部を平らに保ちます。曲がったS字を真っ直ぐにし腰椎の負担を減らすのです。

 

 

サイズ選びは先生と慎重に選んでください。出来るだけ、自分にフィットするものを選んでください。

 

 

コルセットが異常に体を締め付けたり、緩いというような事は消してないようにしましょう。

 

 

また、回復後は怖くてもコルセットを外しましょう自分の筋肉は自分で鍛える努力をしないとまた、腰痛になってしまいます。

 

くすりの投与

腰痛の中で、痛みの緩和に薬物療法は効果的です。それが良いか悪いかは別として痛みは緩和します。

 

 

消炎鎮痛剤で炎症を鎮め痛みを和らげ、筋弛緩剤で筋肉の緊張をとって痛みを緩和します。肛門から入れる座薬か内服薬、もしくは、塗布薬があります。

 

座薬は嫌いな人が多いかと思いますが胃腸に負担をかけず、効き目の効果抜群です。薬の治療は、本質的に腰の痛みを改善する分けではないので、油断は禁物です。

 

 

骨粗鬆症なので、骨量を増やすために薬を飲んでいる場合は別ですが、その他は、症状に対して行う投与ですので、痛みが緩和したら、生活改善を行い
薬を飲まなくてもいい体に仕上げたいものです。

 

 

ですが、無理に薬を飲むのを止めようと決めるのは止めてください。どうしても我慢出来ないときは薬に頼る事をおすすめします。。強い痛みは筋肉を緊張させます。緊張から腰痛を呼ぶ悪循環がまた出来てしまいます。

 

ブロック注射

薬の投与でも効果が見られない場合の選択してして神経ブロック療法があります。痛みの発生源となっている神経に直接、麻酔を注射し痛みの経路をブロックするのです。

 

 

一般的にブロック注射と言われるモノです。

 

 

腰が痛い⇒痛みで筋肉が緊張⇒血流悪化⇒腰が痛いの悪循環を断ち切る効果があります。麻酔薬の効果が切れた後も、鎮痛効果が持続します。

 

 

このブロック注射は多くの場合、椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)などの治療として用いられます。このブロック注射の名医を1人紹介しておきましょう。

 

 

東京にある高山整形外科の伊藤博志先生です。腰痛患者が選ぶ病院ランキング1位にも選ばれたことがあり絶大なる人気を得ています。ブロック注射の中でもトリガーポイント注射を使用し治療を行います。

 

手術
どれだけ治療をやってきても痛いモノは痛いんです。
そして、痛みが続き
・足の麻痺がひどい
・少し歩くとすぐ痛くなる
・排尿の調子がおかしい
など、日常生活に支障が大きくなってきた場合手術を検討します。一刻も早く、楽になりたいと思うのは人間なら誰も同じです。

 

 

手術を、施したから治るとは決まった分けではありません。先生とじっくり話して決断しましょう。

 

 

椎間板ヘルニアでは、よく手術が行われています。背中を開いて、ヘルニア部分を確認し摘出します。全身麻酔にて行いますので3時間くらいかかります。

 

 

麻酔をかけてるので痛みを感じていませんが、確実に体は痛んでいるという事を忘れてはいけません。また、近年の腰痛治療において99%の腰痛が手術を行わないで完治するとの報告書も提出されているようです。;

 

 

実際にブロック注射と運動医療だけで腰痛を完治させる名医はたくさんいらっしゃいますので、体を傷つけずに腰痛を完治させることを考えたいですね。