腰痛でセックス出来ない

腰痛の知識いろいろ記事一覧

そもそも腰痛とは

このページでは、そもそも何故腰痛になるのか?また、腰が痛くなる理由について解説いたします。腰痛は人間の宿命?2本足で生活をする人間にとって腰痛は、必ずと言っていいほど付きまとう病気です。人間は、5kgもある頭を垂直に保つために腰に負担をかけて生活しているのです。大抵の人は、人生の間に1度は腰痛を経験...

≫続きを読む

椎間板と腰痛

このページでは、腰痛症の中でも椎間板の損傷からくる痛みについて紹介いたします。腰痛症の中でも多い原因の1つです。椎間板の衝撃腰痛を起こす原因となる体の部位はどこでしょう?椎間板からくる痛みは、腰痛症の中でもっとも多いとされています。椎間板は、骨と骨の間にある柔らかい円盤状の軟骨でタテやヨコの動きの衝...

≫続きを読む

椎間関節と腰痛

このページでは、椎間関節からくる腰痛症について紹介します。「椎間関節ってどこだよ!」と思ってしまうかもしれませんが、このページを読めば今の腰痛が椎間関節からきている痛みなのか分かります。椎間関節椎間板に続き、腰痛の発生源として上げられるのが椎間関節からくる痛みです。椎間関節は、背骨を後ろでつないでい...

≫続きを読む

腰痛とスポーツ選手

腰痛症や椎間板ヘルニアと付き合いながら、プロとして活躍する選手は多く存在します。このページでは腰痛持ちでありながら世界で戦うスポーツ選手を紹介します。ウサインボルト(陸上選手)Michael Kappeler / AFP / Getty Imagesあの金メダリストも実は腰痛持ちなのです。あの鍛えら...

≫続きを読む

腰痛と運動不足

日常生活の中で、気を付けなければいけない場面は沢山ございますが、運動不足、肥満などで腰痛を起こし易い下地が出来ている方は、特に注意して下さい。何気ない動作の後に、悲鳴が付いてきます。いつもと同じように、モノを取ろうとした瞬間、いつもと同じように、靴下を履こうとした瞬間いつもと同じように・・・。「うわ...

≫続きを読む

腰痛と姿勢

悪い姿勢は、腰に負担をかけて椎間板の機能や筋力を低下させます。良い姿勢は、椎間板にかかる圧力は一定ですが悪い姿勢でイスに座っているとは、圧力がかかる場所が偏ってしまい不均一になります。椎間板が、「端っこばかり潰されて痛いんですけど!」と愚痴をこぼしています。また、うつぶせで本を読んだりするのも腰が反...

≫続きを読む

老化と腰痛

人間は誰しも歳を老う生き物ですが、このページは老化が、腰痛に及ぼす影響と改善策について紹介いたします。老化は腰痛の下地を作る年齢を重ねるごとに、筋力量の減少や低下は進行しますが、背骨を支える筋肉の中で何もしないと、すぐに衰えてしまうのが背筋です。50歳を過ぎると急激に低下すると言われています。筋力の...

≫続きを読む

医師からの確認事項

先生も見ただけでは分からないので、問診では先生の質問には細かく正確に答えられるようにしていた方が良いでしょう。痛む場所、経過時間、腰痛を引き起こしたきっかけ生活習慣など、具体的に伝えるようにしましょう。<質問内容>・何時から痛むか?・何をしていて、痛むようになったのか?・どの部分が痛むのか?・痛みは...

≫続きを読む

整骨院での治療

このページでは整骨院で行う治療については紹介します。腰痛の専門ではない整骨院で行う治療は「気持ちよかった〜」とはなりますが、腰痛が完治する事はまずないでしょう。あくまでも、気休め程度という気持ちで通うようにしましょう。電気治療整骨院に行くと必ずやるのが電気治療です。ほぼ、治療の最初は電気を流して始ま...

≫続きを読む

病院での治療

このページでは、病院(整形外科)での腰痛治療について解説いたします。あくまでも一般的な治療なので、腰痛を専門とする医師が在籍する病院は自らが考案した治療法をお持ちです。冷やしたり、温めたり腰痛は、冷して痛みを緩和する事もあります。患部に起きている炎症を抑える効果があります。炎症が強くて、冷やした方が...

≫続きを読む

病名を持つ腰痛

病院に診察にくる患者の85%が、病名のつかない「腰痛症」と診断される腰痛ですが、「もう、立てない!」などの痛みが大きい腰痛は、病名がついていますので紹介いたします。ぎっくり腰(急性腰痛症)重病とまでは言われませんが、なってしまった時の何も出来なくなる生活は、もう二度と経験したくないでしょう。靴を履こ...

≫続きを読む

腰痛と飛行機

腰痛持ちの方は、誰しも悲しいエピソードをお持ちだと思います。このページでは腰痛持ちの空港での出来事を紹介致します。これは、私が福岡から東京へ向かう飛行機に乗る前に起きた悲しいエピソードです。当日の、体調は◎体も軽く、腰の調子もいい感じでした。福岡での楽しい思い出を胸に、空へ飛び立とうとしていた1時間...

≫続きを読む

腰痛の生活

このページでは、腰痛持ちの1日の生活を時系列で紹介しています。人それぞれかもしれませんが、ほとんどの腰痛持ちの方は同じような生活を送っているでしょう。朝目覚ましの音と共に爽やかに目覚めます。さあ、1日の始まりです。ベットの上での体勢はどうなっているでしょう。。。。「良かった」横を向いています。ここで...

≫続きを読む

腰痛のメリット

このページでは、人間の悪でしかない腰痛ですが、時にはメリット(武器)となることもあるようです。そんなエピソードを紹介いたします。上司に腰痛持ちが多い!腰痛持ちで良かったと感じる一幕もあります。その一つとして、会社の上司が腰痛持ちという場合です。課長も部長も腰痛持ち。という会社も少なくはありません。「...

≫続きを読む

腰痛と体幹

このページでは、腰痛を防ぐために大事な体幹について説明いたします。サッカーの長友選手は体幹が強く事でも知られてますが、長友選手は腰痛で悩まされ体幹を強くした人でもあります。体幹筋近年、体幹の重要性について取りあげられるようになりましたが、有名スポーツ選手の影響もあるのでしょうか。腰痛を改善するために...

≫続きを読む

腰痛に座薬

本当に我慢出来なくて楽になりたい時ってありますよね。病院に行けばいいのですが、自宅にでなんとかしたいと思ってしまうんです。痛み止めのロキソニンを飲んでもあまり効き目はないでしょう。座薬腰痛持ちの推薦では家庭で、出来る痛みの軽減は座薬の投与です。但し医師の診断後、病院でもらって下さい。鎮痛剤にはロキソ...

≫続きを読む

腰痛と職業病

世の中には色々な職業がありますが、ほとんどの職業が腰痛を引き起こす要因を持っているのではないでしょうか。厚労省の調べによると、腰痛は全業務の約6割を占めるようです。スポーツ選手有名な選手の中にも、腰痛持ちの選手は数多くいます。鍛えられた筋肉をもってしても腰痛と戦います。それほどまでに、激しい動きをす...

≫続きを読む

筋トレと年齢制限

「何歳になると、筋トレしても筋肉つかなくなっちゃうの?」と疑問をもっている方に、ある方の筋トレ成果を参考に筋トレの年齢制限について説明いたします。100歳でも筋肉は鍛えられるあのきんさん、ぎんさんの成田きんさんは100歳から筋力トレーニングを始めたのはご存知ですか。久野接骨医院でも委員長をつとめる久...

≫続きを読む

腰痛とトレーニング

腰痛になる前から、腰痛になった時の事を考えトレーニングをする人はいないでしょう。皆、腰痛になってから考えます。なので、腰痛になってからでも遅くないので痛みが引いたらトレーニングを始めましょう。誰でも出来て、簡単だけど筋力アップに繋がるトレーニングを紹介いたします。ドローインで腹横筋を強化まず1つ目の...

≫続きを読む

腰痛と食事

近年、食の欧米化により日本人の食生活が変わってきています。変わるだけくらいだといいのですが、和食で摂取出来ていた栄養素がうまく摂取できず。健康な体を保てなくなってきています。代表的な病気では、癌が増えていますが腰痛患者も増えています。骨を元気にする食材骨の密度、すなわち骨の強度は30歳ごろをピークに...

≫続きを読む

腰痛に必要な栄養素

腰痛改善に欠かせない豊富な栄養素を含んだ食事ですが、このページでは栄養素の効果について解説していきます。好きな食材から摂取できる栄養素は限られてきますので、色々な食材を食べるようにしましょう。また、栄養補助食品を食べて済ませようとする人もいますが、食材からしか摂取出来ない栄養素もありますので、あくま...

≫続きを読む

腰痛の寝具

腰痛の人なら誰でも、少しでも楽に寝るためにマットレスの購入を検討した事があると思います。しかし、低反発にしたら良いのか?高反発なのか?迷ってしまうところでしょう。このページでは、どちらのマットレスが決めればいいのか、少しでも判断しやすくなるようにマットレスの解説をしています。メリット・デメリット高反...

≫続きを読む

腰痛と虫歯

腰痛の原因の1つに”虫歯”という敵が存在するのをご存じですか?虫歯は食べ物を食べられなくするだけではないんです。人を歩けなくする原因にもなるのです。虫歯はすぐに治療しよう虫歯が見つかった時、歯医者に行ってきちんと治療していますか?もし、虫歯をほったらかしにしているのであれば、歯医者にいって治療する事...

≫続きを読む

腰痛のストレッチ動画

腰痛改善のための、体操は色んな体操があります。直接、腰痛改善に繋がるものも、繋がらないものも、無数に存在します。ラジオ体操で腰痛が良くなった人にとってはラジオ体操が腰痛改善と言えるでしょう。しかし、ほとんどの人は違います、なぜなら、人は無料には価値を感じないからです。確かに、ラジオ体操は、数十箇所の...

≫続きを読む